ちんから峠

立待岬その他めぐり

c0013368_191595.jpg
基本的に方向音痴のわたくしですが、一応治そうと努力はしています。今回も、地図と磁石を持って愛チャリ・忠興丸でサイクリングに出かけました。
c0013368_1914044.jpg
第一目的地・立待岬。かなーり長い上り坂で、自転車で来た事を軽く後悔。
観光客のひとたちは車やバイクで、チャリは私ひとりだけでした(馬鹿)。でも帰りは楽だもん!
c0013368_192546.jpg
薄曇りだけど、なかなか絶景でござんした。この海のどこかで、私の友人は同時刻にイカを釣っていたそうです。
c0013368_192478.jpg
ハマナスの花は殆ど終わってて、実が色づき始めていました。子供の頃、ハマナスの実を食べることに憧れていたのですが、実際食べてみるとそんなに美味しいものではないですねぇ。
c0013368_1931138.jpg
柵のいたるところにイカがくっついていました。可愛い。
c0013368_1916981.jpg
上り坂の途中にある、石川啄木一族のお墓。この一家、みんな早死にしてるんですよね…。
c0013368_19163887.jpg
有名な詩、「我泣きぬれて蟹とたわむる」が彫ってありました。お線香や蝋燭と並んで貝殻が一枚置いてあり、情緒を感じました。
c0013368_19171167.jpg
お墓から海を臨んだ景色。こんなところにお墓があるのって、少し羨ましいですね。

c0013368_1944151.jpg
第二目的地・碧血碑。ずいぶんと森の中にあるようです。
c0013368_19444516.jpg
入り口付近にある看板。の、下に何か注意書きが…?
c0013368_19451335.jpg
なぬー?!そりゃ危ない。
c0013368_19453699.jpg
と言うわけで、こんなリボン付きの竹の棒を振り回しながら、レッツゴー。

長くなったので、続きはまた明日。
[PR]
# by wasanegi | 2011-07-26 19:56 | 時事

函館の野外劇

c0013368_11354842.jpg
先月末頃に五稜郭に行ったら、こんな看板がありました。野外劇なんてやるんですねー。

c0013368_1136265.jpg
お堀沿いをてくてく歩いていたら、ハリボテの蟠龍丸と甲鉄艦がありました。劇の小道具ですね。なんか沈みそうだけど大丈夫かね(大きなお世話)。

c0013368_11365538.jpg
お堀の内側に、演劇の舞台と思われるものを設置中。

c0013368_11372043.jpg
お堀の外側に、観客席を組み立てておりました。結構大人数で観られそうです。
客席の真ん中から松の木がずどーんと突き抜けて出てきてるところがありましたよ。

c0013368_11374851.jpg
五稜郭タワーから見るとこんな感じ。市民創作劇とは言え、結構規模が大きくて面白そうです!

市民創作 函館野外劇『星の城、明日に輝け』の公式サイトは→こちら
もう始まってますね。

7/8(金)~8/6(日)まで、毎週金土(24日は日曜だけど上演アリ)に上演しているそうなので、天気の良い日に観にいってみようかと思っております。
[PR]
# by wasanegi | 2011-07-08 11:37 | 時事

良いにゃんこ

c0013368_13125244.jpg
自転車で走っていたら、とあるお宅の庭先の日陰にモサモサの猫が転がっていました。

c0013368_13131528.jpg
いつもの癖で、しゃがみながら「にゃーんこ♪」と声をかけると、かすかな声で「にゃ」と答えむくっと起き上がって、わざわざ日なたまで出て来てくれました。

c0013368_13133860.jpg
にゃんたる良い子!触りたい放題。

c0013368_1314199.jpg
鋭い眼光に、耳の先っぽがちょっと切れてる猫。どんな戦歴があるのでしょうか。

「じゃーね」と言って自転車に乗ると、くるりときびすを返して元の日陰に戻って寝ていました。
また会えたら嬉しいな。
[PR]
# by wasanegi | 2011-07-06 18:42 | 猫だらけ

北上しました

c0013368_1102233.jpg
四月に、京都でアナコンダに睨まれながら(嘘)桜を見てきたり、

c0013368_1104869.jpg


c0013368_1111861.jpg
地元茨城でキツツキの巣作りを観察したりしているうちに、あっという間に季節が移り変わりました。


c0013368_112135.jpg
で、今はカニとイカの国に居ます。

c0013368_1123614.jpg
はい、函館です。
2006年に新しくなった五稜郭タワーは展望台の高さが90mもあるので、五稜郭がぜんぶ見渡せて爽快です。
去年、140年振りに復元された函館奉行所にはまた今度行ってみようと思ってます。
[PR]
# by wasanegi | 2011-07-05 11:02 | 時事

豆腐料理その3

c0013368_1955269.jpg

馬鹿の一つ覚えのように豆腐ばっか食べてます。
今日は田楽。白味噌と赤味噌の2種類のたれをかけてトースターで焼いただけ。でも美味いです。
他にもナスとかこんにゃくとか買ってくれば良かったなぁと少々後悔。
また豆腐一丁一気食いしてしまった!
[PR]
# by wasanegi | 2011-04-04 19:06 | 食道楽

豆腐料理その2

c0013368_20293061.jpg
今日もお豆腐料理を作ってみました。これは久々知は関係無いです。いつかどこかで見たレシピなのですが、詳細は全く覚えていないので適当に。
【作り方】水切りした豆腐一丁をくずして卵と混ぜて醤油みりんで軽く味付け。ラップを敷いたお椀に入れて蒸す。あんをかけて出来上がり。
あんには「かきのき茸」というのを入れてみました。茶色いエノキタケみたいな感じでシャキシャキしてて美味しかったです。(調べてみたら、エノキタケの原種って書いてありましたわ)
[PR]
# by wasanegi | 2011-03-29 20:40 | 食道楽

読むもの見るものに影響される

花神〈上〉 (新潮文庫)

司馬 遼太郎 / 新潮社


今年の冬は、大村益次郎の本を読んだので、湯豆腐をよく食べました。
豆腐って、選ぶの結構難しいんですよね。「遺伝子組み換え大豆は使用していません」と書いてはあるけど、どこ産の大豆なのかは明記してなかったり。「国産大豆使用」と書いてあっても、「遺伝子組み換え大豆ではない」とは書いてなかったり。これは納豆にも同じことが言えます。
結局県内のお店の、県内産大豆100%使用のものをよく買いますが、1丁350gで200円くらいです。
最近、私の大好きな三和豆友水庵の男前豆腐をあまり見かけなくなったような気がします。波乗りジョニーの類は多いんですけどね。

c0013368_21555736.jpg
先日はNHKで「忍たま乱太郎」を見ていたら、久々知兵助が作ってた豆腐料理が美味しそうだったので、真似して作ってみました。
【豆腐ステーキ】木綿豆腐1丁を水切りして4等分。片栗粉をまぶしてフライパンで焼き色を付ける。みりん・しょうゆ・酒・砂糖各大1で味付ける。大根おろしを乗せる。終わり。
自画自賛になりますが、とっても美味しかったですよ~。写真は1/2量ですが、1丁分ひとりで食べちゃいました(笑)。
[PR]
# by wasanegi | 2011-03-27 22:00 | 食道楽