ちんから峠

カテゴリ:音楽( 103 )

会田桃子トリオ@in F

c0013368_0454431.jpg

5月のシメのライヴは、大泉学園にあるインエフで。
今日はヴァイオリン・会田桃子さん、ピアノ・南博さん、ベース・西嶋徹さんのトリオ。
看板の西嶋さんの名前が微妙に間違えているのはご愛嬌(笑)。今日も魂柱がばっちり見えるような真正面でした。席を確保してくれたCさんに感謝!
桃子さん、途中で何度か咳をしていて心配でしたが、歌声は相変わらず透き通ってて美しかったです。
スタンダードナンバーが多目の、正統派ジャズの夜でした。

~set rist~
1.Triste(アントニオ・カルロス・ジョビン)
2.Nefertiti(マイルス・デイヴィス)
3.Someday my prince will come いつか王子様が
4.El día que me quieras 想いの届く日(カルロス・ガルデル)
5.Oblivion 忘却(アストル・ピアソラ)
6.A foggy day(ガーシュウィン)

1.Ladiesa in Mercedes(スティーヴ・キューン)
2.What areyou doing the Rest of your life?(ミシェル・ルグラン)
3.小さな空(武満徹)
4.All the things you are(ジェローム・カーン)
5.ミロンガ・セプティマ(会田桃子)

en.St. thomas(ソニー・ロリンズ)


c0013368_146326.jpg
ピアノの南さんは、なんと本も出しておるのです。桃子さんと西嶋さんに「これはものすごく面白いよ!!」と薦められたので買ってみました。ご丁寧にサインまでして下さったんですよ~。
明日ゆっくり読もうと思います。

Amazonでも売ってますけど、残念ながらサインは入ってません(笑)。
「鍵盤上の~」は新刊だそうです。今度買おう。

白鍵と黒鍵の間に―ピアニスト・エレジー銀座編

南 博 / 小学館


鍵盤上のU.S.A.

南 博 / 小学館


[PR]
by wasanegi | 2009-05-31 23:30 | 音楽

宴with柏木広樹@ベルフォーレ

c0013368_221492.jpg

ピアノの林正樹さんとドラムの岩瀬立飛さんとベースの箭島裕治のトリオ、が、チェロの柏木広樹さんをゲストに迎えて坂東市民音楽ホールでライヴをやるというので行って来ました。
ほんとカーナビって凄いですね。こんな方向音痴の私でも、見知らぬ場所へちゃんと導いてくれましたよ。

c0013368_2212528.jpg
なーんにもない田舎道を走っていくと、突如としてこのような立派なホールが現れました。

c0013368_2214670.jpg
地元の英雄、平将門の像。馬のレリーフやなんかが沢山ありました。

c0013368_2215725.jpg
入り口付近に立ってたこの看板がかなり笑えました。柏木さんがオズの魔法使いをやるみたいじゃないですか?!
縦長の看板を縦割りするのは良くないと思いますぞ。

ライヴの内容。
年配の方が多そうな土地柄だからでしょうか、ちょっと古めの曲をいくつかやっていましたが半分くらいはオリジナル曲でしたね。
最初の3曲は宴の3人で、ヤンバルクイナの途中から柏木さんが加わりました。
後半の初っ端、「Spirit of the forest」はひとりずつ順番に結構長めのソロを披露していったので、1曲が終わるのに25分くらいかかっていました。凄い大曲ですね!
宴の3人のトークが予想以上にグダグダで(笑)、柏木さんが軽快に突っ込みを入れつついじり倒している様子が仲良しさんな感じで微笑ましかったです。
ベースのやぢまさんは今回初めて見る方でしたが、寡黙そうな外見と違ってマイクを手にすると実に歯切れよく面白トークを繰り広げておりました。Peace of mindの出だし、CDだと功刀さんのフィドルで始まるところをエレキベースで弾いてたのですが、これがまたカッコいいのよ!うーん、低音って素敵ー。

座席はかなり前の方の中央だったので、双眼鏡の全く必要ない位置でラッキーでしたが、残念なことに譜面が邪魔で貴重な右手の動きが全く見えませんでした。ぴかぴかのスタンウェイの側板に映る姿を眺めて我慢しました…。

~Set Rist~
1.人生という名の旅(アンリ・サルヴァドール)
2.7Th dwarf(岩瀬立飛)
3.りんご追分(米山正夫)
4.ヤンバルクイナのかくれんぼ(林正樹)
5.What a wonderful world(ボブ・シール&J.D.ワイス)
6.まみむめも(岩瀬立飛)

1.Spirit of the forest(林正樹)
2.Peace of mind/Picture of mind(柏木広樹)
3.Casa Feliz(柏木広樹)

en.上を向いて歩こう(中村八大)


c0013368_3332355.jpg

終了後にエントランスでCDを販売しており、なんとサイン会までやっておりました。サービス良い~。
そしてなんと申し訳ないことに、宴の新譜に柏木さん(参加してないのに…)のサインを頂いてしまいましたよ。
また宝物が増えました♪ 感謝感謝です。
[PR]
by wasanegi | 2009-05-30 23:17 | 音楽

ご無沙汰しております

c0013368_1937766.jpg
しばらく間が空いてしまいましたが、相変わらずせっせとライヴに行っております。
先日は高田馬場のホットハウスpa-penさんと一緒に遊びに行ってきました。
この日はトランペットの類家心平さんとベースの西嶋徹さんとドラムの力武誠さんのトリオで、迫力のあるジャズを楽しんできました。西嶋さんのベースはいつも通りの柔らかな温かさで胸に染み込みました。類家さんのトランペットの力強さは素晴らしいですね!ものすごいパワーを貰えました。
そして、あの小さなお店にドラムセットが組まれると、えらい大変なことになるというのが分かりました(笑)。初顔合わせの西嶋さんと力武さんがどんどん意気投合していく様子が微笑ましかったです。

何回行ってもいつも違う面白さが味わえるホットハウス、本当に大好きです。

c0013368_19405053.jpg
金沢のpa-penさんから、今回はこんな可愛いお菓子をいただきました。なんぼ商店というお店の『福だるま』。卵ボーロみたいなお菓子です。
この子たち、ひとつひとつ顔が微妙に違うんですよ。ほんと可愛い!

いつも楽しいお土産をありがとうございます♪ また一緒に遊んでくださいね。
[PR]
by wasanegi | 2009-05-08 20:06 | 音楽

Nervio@新宿Pit Inn

c0013368_1927361.jpg

今日は初めてのNervioのライヴです!PIT INNに来るのも初めてです。

Nervioは、ピアノ・新澤健一郎さん、サックス・音川英二さん、 ベース・西嶋徹さん、ドラム・岩瀬立飛さん、パーカッション・ヤヒロトモヒロさんによるジャズ・フュージョンのユニット。
大人な感じの音楽でとっても格好良かったですよ~。ヤヒロさんの動きを見てるとワクワクしてきます(笑)。

セットリスト。
(第一部)
1. 晴れ水
2.Silk
3.Forest Air
4.(新曲)
5.Pa・ra・bo・la
(第二部)
1.Trance By Myself
2.自然の切片I
3.偶然の風の中
4.Rondo In November
5.風にそよぐ
En. 鼓動

西嶋さんの名曲『晴れ水』がまた聴けたのがめちゃくちゃ嬉しかった!
早くCDに収録して下さいませ。

次回のライヴは7/22予定!楽しみにしてますよー。

【追記】7/22は中止になったそうです。残念!
[PR]
by wasanegi | 2009-04-14 19:27 | 音楽

森の謝恩会@STB

c0013368_17363426.jpg

今日も美しい音楽に感動しつつ、たくさん笑ってきました!
なかなか最近の傾向とは違う感じのセットリストで、非常に面白かったですねぇ。

何度でも書きますが、というのは青柳誠(ピアノ)、越田太郎丸(ギター)、西嶋徹(ベース)、柏木広樹(チェロ)、則竹裕之(ドラム)の5人からなるインストゥルメンタルバンドです。
あ、呼び捨てにしてしまった。敬称略と言うことで(笑)。

長い雑記はこちら →
[PR]
by wasanegi | 2009-03-31 17:36 | 音楽

The Violin Brothers!

c0013368_18551558.jpg

今日はオーチャードホールにて葉加瀬太郎さんと古澤巌さんのコンサートです。
もちろん柏木さんと西嶋さんもいらっしゃいます♪

…まだツアー中なので詳細は書けませんが、今回のツアーは「ブルース・ブラザーズ」のパロディになっているようです。が、肝心のBBを全く知らない私には、何がなんだかわからない部分も多々ありました。
もちろん予備知識なしでも、抱腹絶倒のライヴでしたよ!
最後の西嶋さんの姿が忘れられません。誰の発案で誰が作ったのか聞いてみたいです。若干改良の余地が見受けられましたね~(笑)。
もう1回観に行きたいけど、日程的に無理(涙)。

あぁ、もっと有給が簡単に取れる会社に勤めるんだった、と軽く後悔。
[PR]
by wasanegi | 2009-03-26 18:55 | 音楽

松本兄弟@つくば

先日22日の日曜日、啼鵬さんのコンサートがつくばで行われました。
なんと今回の会場は英会話教室。頭の中に「?」をいくつも浮かべながら友達と一緒に向かいました。
どうやら本日の主催者・松本佳秋さん(啼鵬さんの実弟)が通う英会話教室を会場として貸していただいたそうです。
お茶とケーキ付きで1500円というリーズナブルなチケット代でした(ちなみに受付は妹さんがやっていました)。
c0013368_1871613.jpg
おうち全体がセレブな雰囲気でした。プログラムもご覧の通り、お花に囲まれてゴージャスな感じです。
写真小さくて見えませんね。この日の曲目は

1.エトピリカ(葉加瀬太郎)
2.Little NYA(啼鵬)
3.Color Your Life(葉加瀬太郎)
4.常動曲(パガニーニ)
5.Pastral(啼鵬)
6.Escualo(アストル・ピアソラ)
7.Sleeping Momonga(啼鵬)
8.情熱大陸(葉加瀬太郎)
en.想いの届く日(カルロス・ガルデル)

葉加瀬太郎 スウィートメロディーズ (For Violin and Piano)

葉加瀬太郎 / ヤマハミュージックメディア


葉加瀬さんの曲は、たぶんこれ見て弾いてましたねー(笑)。啼鵬さんの編曲ですもんね。

c0013368_18222183.jpg
こちらの英会話教室には看板猫がいました!名前はゴンちゃん、10歳。(肩と後ろ頭は友人Cさん)
血統書付きの猫のように見えますが、ゴミ捨て場に落ちてた子だそうです。にゃんたること!
驚くほど人懐っこくて、抱っこすると自分からむぎゅっと抱きついてくるんです!そんで、人の鼻の頭とかほっぺたとかをペロペロ舐めるんです!!もー、連れて帰りたくなるくらい可愛かったですね~!!
猫が居る会場だからか、犬派の啼鵬さんにしては珍しく猫のために書いた曲『Little NYA』を演奏していました。
演奏前のMCで「私は犬派でして、特に柴犬が大好きで…」と犬について語りだした瞬間にゴンちゃんが目の前をタタタタターッと走り抜けていったので会場爆笑でした。タイミング良すぎます!

本日の主催者、ヴァイオリンの松本佳秋さんは、某一流音大を卒業した後に看護学校を卒業し、現在は看護士として働いているという、ちょっと変わり者(?)です。来月は霞ヶ浦マラソンで42.195kmに挑戦するそうです。走って弾ける看護士。なんて多才な人なんでしょうか。

曲の間の兄弟トークも、ゆるゆるな感じで面白かったです。啼鵬さんは小柄で華奢ですが、佳秋さんは背が高くてがっしりした真逆の体型。なのに何故かそっくりに見えてしまうのが不思議です。『年の違う双子』という表現が妙にしっくりきてました(笑)。

啼鵬さんはピアノ・バンドネオン・ギターと持ち替えながら、本日もマルチプレイヤーっぷりを存分に発揮しておりました。本当にこの人は何でも一級品だなぁ。凄すぎる。

7曲目のSleeping Momongaは、啼鵬さんの奥さんの実家で飼ってたモモンガが亡くなったときに書いた曲だそうです。で、佳秋さんの看護学校の卒業式で答辞を読むときにBGMとしてこの曲を演奏したという思い出の曲だそうです。兄の曲を背景に答辞を読む弟…。なんというか、本当に松本家は凄いと思います。

コンサート終了後に、英会話教室の先生の手作りのケーキ類(しまった写真撮り忘れた!)が多数振舞われまして、お茶を飲みながら楽しくいろんな人とお話をしてきました。ケーキは紅茶のシフォン・オレンジのシフォン・ティラミス・シュークリーム・ショートケーキと盛りだくさん。そして全て絶品!!そこらへんのお店のものより格段に美味しかったですよー。
なんでしょ、ホームパーティーに招待されたような感じ?日常から遠く離れた異次元空間を堪能してきました。

c0013368_18433916.jpg

ほら、天井からはこんなシャンデリアが下がっているんですよー。

こちらのお宅はガーデニングにもこだわってらっしゃるようで、薔薇の季節になるとガーデンパーティーを開くそうです。
夜勤明けでなければ佳秋さんのヴァイオリン演奏付きのパーティーになるかもしれないので、もし機会があったらまたお邪魔してみたいなぁと思いました。
[PR]
by wasanegi | 2009-03-24 18:14 | 音楽

裏・おくりびと

eliodarc(DVD付)

福井恵利子 / SAMURAICA RECORDS



フルートの福井恵利子さんのアルバム、eliodarc。1曲目の林正樹さん作曲の「Flight for the 21st」に、西嶋徹さん柏木広樹さんが参加しています(林さん西嶋さんは4曲目「マレーナ」にも)。

3曲目、フルートとチェロのデュオ「パッサカリア」には、古川展生さんが参加しています。  はい、

柏木さん+古川さん=おくりびと

の公式が導き出せましたね~(笑)。
と言うことで、個人的に「裏おくりびとCD」と呼んでおります(福井さんごめんなさい)。

ちなみにDVD付きなのでメイキング映像も楽しめます。
紙ジャケットですが、梱包(じゃなくて何ていうんだろう?)がちょっと変わってて、開くと“飛び出す絵本”みたいにDVDがびよーんと出てきて面白いです。


葉加瀬太郎 PREMIUM LIVE 2007~2008 コレクターズ・エディション [DVD]

ハッツ・アンリミテッド


本日発売の葉加瀬さんのDVDセット。なんとこれにも柏木さんと古川さんが出演なさっております(古川さんはロンドン公演の時)。

このDVD、3枚セットなのですが、何と言っても去年暮れに行われた「ストリングス・ナイト」バージョンがめちゃくちゃ格好良いです!!柏木さんの指揮者姿や、大先生室屋さんの踊りだすシーンもバッチリ(笑)。ストリングスには藤堂昌彦さんもいるので、セレブ弦楽四重奏団好きにはたまらんです。ヴィオラの三木章子ちゃんもいるので、目を凝らせばスネークに見えてくるかも…?(いや、肝心の二人が欠けてますがな)
Vento Novoでは西嶋さんがマンドリン(バンドリンか?)を演奏する貴重なシーンも観られます。

DVD観ながら、当日の色々な細かいことを思い出してきましたよ。生暖かい強風の吹く師走の夜でした。
あぁ葉加瀬ライヴって、本当に楽しいなぁ!毎年の楽しみです。

来週はViolin Brothersに行ってきまーす。柏木さんのバンマスっぷりと、西嶋さんの新しいフェンダーの白いジャズベース君が楽しみです♪ (微妙に目的がズレてます)
[PR]
by wasanegi | 2009-03-18 13:20 | 音楽

越田太郎丸ライヴ@ プラッサ11

c0013368_23244837.jpg

今日はギター・越田太郎丸さんと、ベース・西嶋徹さんと、アコーディオン・佐藤芳明さんのトリオを聴きに表参道のプラッサオンゼへ行ってきました♪

セットリスト。
~1St Stage~
M1.ハービー・ハンコックの『Tell Me a Bedtime Story』
M2.タロマさんの『梅雨の中休み』
M3.ノエル・ホーザの『Conversa de Botequim(バーでの会話)』
M4.トニーニョ・オルタの『Moon Stone』
M5.エイトル・ヴィラ=ロボスの『Trem Caipira(田舎の汽車)』

~2nd Stage~
M6.ジョニー・アルフの『Ceu e Mar(空と海)』
M7.トニーニョ・オルタの『Francisca(フランシスカ)』
M8.タロマさんの『C'est La Fin?(終わりかな?)』
M9.アントニオ・カルロス・ジョビンの『イパネマの娘』
M10.佐藤芳明さんの『短い短い映画』
M11.タロマさんの『Al Aire』
En.ダニエル・ミルの『Sur Les Quais(河岸にて)』


はあはあ。タロマさんのライヴの何が大変って、曲のタイトルと作者名を聞き取るのが難しいんですよ。ジャズはもちろん、ブラジル系の音楽については全くの素人なもんで…フランス語やらスペイン語やら何やらかんやら。今回はなんとか頑張ってメモってきましたよ。と言うことで、物凄い間違いを書いてるかもしれないので「ここ違うよ」って分かる方は教えてくださいね。ヴィラ・ロボスなんて「ビラルゴス」って聞こえてメモしちゃったもん(笑)。

さて、この日の内容。
ここ数日、曇りや雨で天気が優れなかったのですが、この日はとってもいいお天気でした。ので、ボサドマーゴのCDに収録されている『梅雨の中休み』をやってみたそうです。梅雨じゃないけど(笑)。

3曲目、『バーでの会話』の途中でやや不穏な雰囲気になり、佐藤さんが「間違えましたー!」と告白。そこから3人が遊びながら楽しそうにアドリブで繋いでいく様子はまさに“音楽で会話”していましたね。

4曲目の「ムーンストーン」。オリジナルの録音はトニーニョとパット・メセニーで、ものすごく難しい曲なんだそうです。パット・メセニー好きの西嶋さん「まさか自分が演ることになるとは思わなかった」とか。佐藤さんはアコーディオンを下ろして、ピアニカみたいなものを出してきました。これは鍵盤ハーモニカの原型の“クラビエッタ”という、それはそれはたいそう貴重な楽器だそうです。とっても素敵な音色でしたよ~。

カウンターでワインを飲んでた女性、なんとボーカルの前田優子さんでした。偶然?遊びに来たらしく、話の流れで一曲歌って頂くことになり、打ち合わせもなにもナシでできる有名曲『イパネマの娘』を披露して下さいました♪佐藤さんとは初対面で、ステージで自己紹介しあってました(笑)。(前田さんは柏木さんの『航海記』のIlha de Esperansaと7th Lockに参加しておりますよ)

10曲目、佐藤さん作の『短い短い映画』。タイトルを見ると短い曲のようですが、これが実に長い。
タロマさんと西嶋さんが楽譜を受け取ったのがほんの4時間前だそうで、演奏前のMCを佐藤さんに任せて、その間ふたりともめちゃくちゃ真剣に楽譜を凝視しておりました。演奏中も楽譜から殆ど視線をそらさず(笑)。「本番でようやく曲の全貌が明らかになりました」とタロマさんが言ってました。本当に今初めてやったのね(笑)。

c0013368_1917325.jpg

この日食べた料理は、ブラジル風豆の煮込み乗せご飯・ソーセージ添え。一見カレーっぽいけどカレーみたいにスパイシーではありません。もったりして少し甘めで、とても私好みな味でした。ソーセージもジューシーで美味しかった!
ちなみにこの量をひとりで食べたわけではありません。お友達と半分こしましたよ。
写真撮り忘れたけど、タラとジャガイモのコロッケというのも頂きました。私は飲めませんが、ここのお店はブラジル産のビールなども充実しているようです。

素敵な音楽と美味しい料理を味わった、素晴らしい夜でした~。




余談ですが、最近『西嶋モデル』の検索ワードでこちらへ辿り着く方がいらっしゃるようですが、私のところに来てもベースは置いてありませんよ(笑)。
スタッフォードのウッドベースに興味がある方は→こちらを見てくださいませ~。¥428,400也。
[PR]
by wasanegi | 2009-03-10 23:24 | 音楽

会田桃子@ 大泉学園inF

c0013368_2005547.jpg

今日は桃子さんの壮行会です。

本日のメンバーは、ヴァイオリン会田桃子さん・ピアノ新澤健一郎さん・ベース西嶋徹さんのトリオ。
会田さんと西嶋さんは、クアトロシエントスのメンバー。
新澤さんと西嶋さんは、Nervioのメンバー。
会田さんと新澤さんは、何度かデュオで演奏した事がある。
でもこの3人でやるのは初めて、という面白いものでした。

会田さんは、2/27からひとつきほどブエノスアイレスの方へ行ってしまうので、今日は壮行会的ライヴなんだそうです。向こうのタンゴフェスティバルに出演なさるそうで。頑張って来てくださいね~。

More
[PR]
by wasanegi | 2009-02-23 20:00 | 音楽