ちんから峠

タグ:家飯 ( 39 ) タグの人気記事

鳥の巣焼き

c0013368_2001959.jpg
池波正太郎の「食卓の情景」を読んでいたら、彼が子供の頃に発案したという“鳥の巣焼き”というものが出てきたので作ってみました。
ゆでたジャガイモを潰して、真ん中に卵を落として半熟になったところを食す、とのことですが…ジャガイモを潰しただけのもので土手を作るのが結構難しいのです。ご覧のとおり、卵を割りいれたら決壊したところから少しはみ出ました。
c0013368_2004596.jpg
エッセイには味付けについては何も書いていなかったのですが、塩コショウだけだと味気ないので、カープソースをかけてみました。
ジャガイモの下の部分がカリカリに焼けていて、しかし上の部分はホクホクとしており、半熟卵が絡まってこれはなかなか美味いです。
さすが池波少年。
[PR]
by wasanegi | 2008-11-04 19:27 | 食道楽

恐怖のホタテ貝

去年も書きましたが、今年もまたいつものところからホタテ貝を頂きました。今年は1人8枚ずつ。ほくほく喜んで家に持ち帰り、台所でガシガシ洗って、心の中で念仏を唱えながら、ヘラでこそぎ出しました。
すると、流しに横たわっている貝のうちの1つが、隙間2cmほど開いているではないか。
おや?弱ってるの?まさか死んでるの?と手に取って中を覗き、ホタテと目が合った(ような気がした)瞬間、

パチン!

音を立てて殻が閉じました。その時に指の皮と肉を少し挟まれたので「あいたたたたたた!」とホタテを放り投げてしまいましたよ。ひぇ~…怖かったよー!!手塚治虫のブラック・ジャックの『青い恐怖』という話を思い出してしまいました。
そりゃ貝だって、文字通り必死だよね。食われる寸前なんだもん。

このアッパレな根性のホタテくん(さん?)も、容赦なくこそぎだしてバター炒めにしていただきました。おいしゅうございました。
[PR]
by wasanegi | 2007-12-27 20:34 | 食道楽

やるなら今日しかないのだ

私の職場では、年末の月曜日(全休日です)にお餅つきをやる事になっています。
今年の年末月曜日は24、31。大晦日に餅をついてはいけないという古くからの言い伝えがあるので(理由は不明)、やるならクリスマスイブの今日やるしかないのです。
大丈夫。みんな仏教徒だし。

そう言えば去年はノロウイルスに感染してる人が多くて中止になったっけ。今年はインフルエンザもノロもこの辺には来てないみたいですね。お餅つきをやらないで迎えた新年は、何と言うか、ちょっと運勢が悪くてですね、急遽2月にやる事になったんです(その日の日記はあっさり一言で終わってる)。やはり毎年やってることをやらないと、何か気分が悪いものですね。
さ、来年のために頑張ろう。

1日仕事です →
[PR]
by wasanegi | 2007-12-24 17:49 | 食道楽

ひと手間かければ

c0013368_1404095.jpg
野菜をニンニクと炒めてから乗せたら、とっても香ばしくて、格段に美味くなりました。
見た目もこっちの方が美味しそうね。
[PR]
by wasanegi | 2007-11-14 14:03 | 食道楽

豆、万歳

c0013368_19191483.jpg
pa-penさんのところで美味しそうなものが紹介されていたので、真似して作ってみました。
今うちにあるのは、キャベツ・人参・ほうれん草。炒めないで、全部一緒に煮ちゃいました(ずぼら)。味付けは鶏がらスープの素と味噌。豆乳はそのまま飲むのは苦手だけど、こういうふうに調理したものは好きです。
なかなかコクがあって美味しかったですよ。春雨が腹で膨れて、少ししか食べてないのにもんのすごーい満腹になりました。これは確かにダイエットに良いかも。
[PR]
by wasanegi | 2007-11-13 19:29 | 食道楽

ふふふふふふふふ。

c0013368_14293215.jpg
ちょっと前の話になりますが、このような荷物が我が家に届きました。「ふふふふ」って書いてあります(笑)。

c0013368_14294593.jpg
シールも「ふ」。…可愛い。

c0013368_14295579.jpg
開けてみると、じゃーん!なんと豪華な加賀麩のセット!金沢の不室屋さんの品々をpa-penさんが送って下さいました。感謝感謝。

c0013368_1430946.jpg
お約束の黒猫チェーック。「異常なし」。だそうです。ご苦労。

c0013368_143023100.jpg
まずはお手軽にできるインスタントの治部煮を作ってみました。お湯で煮てダシの粉を加えるだけ。あら簡単。

c0013368_14303313.jpg
とろりとした煮汁に絡むお麩の美味しいこと。ご丁寧に、湯葉なども入っておりました。だんだん模様のついてる麩が治部煮用の「すだれ麩」というものなんですと。すだれで挟んだ模様がそのまま付いてるのですね。

c0013368_14305033.jpg
手鞠麩はお味噌汁に入れてみました。ダシは煮干、具はキャベツという超庶民的味噌汁が、ぐっとランクアップした雰囲気になりました。ほじると下から煮干が出てきます。
c0013368_143157.jpg
ここからはまた別の日なのですが、pa-penさんから教わったお麩料理をいくつか作って友人を招待して「お麩会」を開きました。これは車麩のおひたし。だし汁で軽く煮てから絞って、なめたけと大根おろしと和えるだけ。さっぱりしていて美味しかったです。

c0013368_14312049.jpg
こちらは自力で作ってみた治部煮。すだれ麩がなかなか水に戻らないので、芯が残ってるまま煮込んでしまいましたが大丈夫でした(すみません、短気なんで…)。具は鶏肉・たけのこ・しいたけ・飾りの生麩・色みに水菜少々。鶏肉に小麦粉をまぶしてから煮るので、汁にとろみが付くのですね。なるほど。インスタントのものより薄味に仕上がりましたが、まずまずの出来だったと思います。
c0013368_14313466.jpg
よもぎ入りの生麩はバターで焼いて醤油を付けて食べました。お餅みたいだけど、お餅じゃない、不思議な食感であっという間に売り切れました。ついでに山芋も薄切りにして一緒にバター焼きにして、食感の違いを楽しみました。

毎度毎度珍しいものをありがとうございます。ヤーコンが店頭に並んだら送りますね。来月半ば…霜が降りた頃になるかと思います。
[PR]
by wasanegi | 2007-10-23 15:16 | 食道楽

コ○ケヤではありません

c0013368_215463.jpg
(タイトルを見て?と思われた方はこちらをご覧下さい。懐かしいでしょー?これ佐藤雅彦氏の作品なんですよね)
こちらのサイトを見て、スコーンを作ってみました。が、「バター100g」に恐れをなして半分の50gしか入れてません。かわりに牛乳を少し多めにして、折パイの要領で何度か層を作りつつ冷やしました。で、こんなのが出来上がりました。ちょっと硬めの食感だけど、バター半分でも問題なし!カロリーメイトみたいな感じです。日持ちしそう。
しかしいつも疑問に思うのだが、なんでスコーンって丸く抜く方法が多いのだろうか。余りの部分がもったいないじゃん。と思ったので、私はザクザクと三角形に切りました。これで余り部分が極力少量で済みます。

c0013368_2153010.jpg
半端分の生地でお約束のものを作りました。うちの猫らをモデルにしたのですが、うん、何となく似てて良い感じ(笑)。左の子の目は赤いクコの実を使ったのだが、焼いたら黒くなっちゃった。ちなみに右の目はかぼちゃの種です。


ちょっとカッコいい(?)ねぎ →
[PR]
by wasanegi | 2007-07-21 21:25 | 食道楽

こるーさんのパン 再び

c0013368_17453470.jpg
いやいや、えらい湿度ですね。不快指数100%です。が、この温度湿度を利用しない手は無い。と、納豆を仕込み、こるーさんのパンを焼くことにしました。
うちから一番近いスーパーにて手に入るパン専用小麦粉はこちら。1kgで408円。ややお高いです。間抜けな名前に一瞬手が止まりましたが、ホクレンが開発した小麦の品種名だと聞いて、まあしょうがないかなと。ネーミングって大事ですよ。あと、パンに入れようと思ってミックスナッツを買ってきたのだが、入れるのを忘れました。また今度ね。
ナッツを入れるのは忘れたが、粉の2割くらいを全粒粉にしてみました。

c0013368_17492119.jpg
今日は、猫の手を借りつつ…

c0013368_17455899.jpg
ただ今熱いマイブーム中のSnakeのセカンドアルバム『Snake deuxを聴きながらコネコネ。丸山さんと真部さんの、このつかみどころの無さ具合は、「水中、それは苦しい」(注:ユニット名)のジョニー大蔵大臣さんに通じるところがあるわね。セクシーパスタ林三さんのVnはドメスティックだけど、Snakeはやっぱりセレブでスネ(←語尾のスネを片仮名にするのがスネーキー(笑))。

c0013368_17461019.jpg
「童謡すねいく2」で爆笑しているうちに、けなげなパンはむくむくと膨らんでくれました。湿度80%、室温25度。この環境、人間はかなり不快です。
c0013368_17464479.jpg
今日はちょっとリッチに、ブルーチーズなぞを買ってみました。同上のスーパーで一番高い(と言っても608円)チーズです。もっとビリビリするくらい青かびかびしてるのが好きなのですが、これは非常にマイルド過ぎて、ちょっと物足りない感じでした。これをドスッとパンに突っ込んでみようかなと思ってます。

c0013368_174732.jpg
おやおや、オリーブオイルを表面に塗ってから焼いたはずなのに、なんでこんなにカサカサになっちゃったんでしょうか?側面のシミのようなのがオリーブ油の名残かと思われます。うーむ。

c0013368_17471516.jpg
表面のツヤは出ませんでしたが、中に入れたチーズがとろりととろけてて、パンもふわふわに焼けたのでとっても美味なるものが出来上がりました。
ね、ブルーチーズって言うよりカマンベールチーズみたいでしょ。青カビ少なすぎ。

c0013368_17514463.jpg久々のチーズ部復活です♪
ちゃんと部長さんに続かねば。

c0013368_17473773.jpg
手を引っ込めると漬物石になる猫。見守りご苦労さま。

*こるーさんのパンを上手に焼くには、猫の協力が必要不可欠なのです。
[PR]
by wasanegi | 2007-07-15 18:51 | 食道楽

こるーさんの手作りパン教室

サンディエゴから帰国したこるーさんの記事を見て、よし、パンを焼こう!と思った人が全国に数10人居ると思われます。わたしもそのうちの一人です。材料や道具や作り方などが分かりやすく紹介されていますので、さぁそこのあなたもレッツトライ!(まるでネズミ講?)
c0013368_13483444.jpg
さて写真はこねが終わって一次発酵させてるところです。こね作業のお供にした音楽は、目を閉じればヴィジュアル系バンドBOSSA DO MAGOの「NASCENCA」。
…あれ?ボサマゴのサイトを見たら「7/1をもって活動休止」って、おいおい、あたしゃまだ一度も生で観てないのに休止しないでくださいよ、ちょっとタロマさん!!ひぃ~(涙)

c0013368_1349928.jpg
えーん、お嬢さーん…

c0013368_13492774.jpg
もしもーし…

c0013368_13494356.jpg
押入れの中でお休み中でございました。相手にしちゃくれん。それにしてもこの子の鼻の上の横線はいったい何なんでしょうか。

c0013368_1350323.jpg
黒い子ダヌキぽんぽこは机の下でじっと見守っててくれましたよ。

c0013368_135031100.jpg
そんなこんなしてるうちに、いーい具合に膨らんできました。発酵中の音楽は同じくBDMの「Why Not 'Brasil'」。M6、サマー・ギフトを聴きながら「ギフトとか言っといて何が活動休止じゃボケー!」と誰にともなく悪態をつくわたくし。あーあ、またしても好きなバンドがひとつ消えてしまった…。

c0013368_14274468.jpg
悲しみの二次発酵(等分は苦手です)。 Ballad#101が泣けるぜ(でもまあこれは2人居れば聴けるから良いか)。

c0013368_14281113.jpg
おかげさまで美しく焼きあがりました。ふんわり温かくて甘い焼きたてパンを食べたら、少し悲しみが癒えました。越田太郎丸さんがまた新たな行動を起こしてくれることを祈りましょう。たのむぜ、たろまさん!

えー、BDMに振り回されてしまいましたが、肝心のパンの方。とりあえず最初なので粉は普通の強力粉、フルーツやナッツは入れずシンプルに作ってみました。こね終わった時点で、こるーさんの写真のように「重力でぐぐぐ、」とは伸びず、少し固めだったのが反省点。軽量カップでざっくり粉を計り入れたので、やや多かったのかもね。焼き時間は180度で20分かかりました。
本日の室温は26度、湿度70%。15分も放置すればむくむくと元気よく発酵してくれる、絶好のパン日和でした。ありがとう、Saccharomyces cerevisiae!キミは偉いよ。

今度は全粒粉とかドライフルーツとかを入れて作ってみようと思います。こるーさん、素敵なレシピをありがとうございました!


今日のうしろあたま&… →
[PR]
by wasanegi | 2007-07-02 14:52 | 食道楽

昨日の祭りのこと

c0013368_1918247.jpg
友人Aがネット通販で、越前ガニをお取り寄せしてパーティを開くというので、諸手を挙げて参加いたしました。実は人生で初越前蟹でございます。ドキドキ。

c0013368_19203054.jpg
晩餐の様子。越前蟹2杯、豚の角煮(私作)、タラコスパゲティ(友人B作)、あと写真に撮り忘れたけど友人C作の「キムチ納豆の油揚げ包み焼き」がありました。これを女4人で全部食べ切りました(笑)。越前蟹、美味い!!値段は相当高いけど、この味なら納得です。味噌も身も毛蟹とは違った風味だけど、とにかく美味い。殻が硬くてハサミ片手に相当格闘しましたが、友人Aは歯で噛み砕いていました。男の前じゃできないねーって笑ってましたが。そして、甲羅に残った味噌が勿体無いのでぬるめに燗をした日本酒を注いで甲羅酒。く~!

c0013368_19222994.jpg
あ、これもあった。焼きサバ寿司(×2本)。サバの下にガリがはさまっていて、なかなか良いアクセントになっておりました。今回の会費は9600円。高い。けど1年に1回くらいなら、恒例行事にしても良いかなー、なんてまた浪費癖が。

c0013368_1927326.jpg
そして蟹以外にも目的があったのです。Aちゃんちの愛猫、ノーマ嬢。血統書付のオリエンタルショートヘアです。あまりメジャーな猫種じゃないけど、シャム猫(今はサイアミーズと呼ばれてますが)のポイント(末端部分の色の濃いところ)の無い、純白のを作ろうとした途中で偶然生れた“模様付きのシャム猫”とでも言いましょうか。猫種の中でも最もスリムなオリエンタルタイプの体が魅力的でございます。毛がとっても短いので、体温がじかに伝わってきて、だっこするととても温かいです。性格は・・・シャム猫だもの!

c0013368_1933109.jpg
このスピード感溢れすぎている写真をご覧下さい。私のかばんについていたキーホルダーが気に入ったようなので、もぎ取って放り投げると、しばらくこんな調子で暴れまくっていました。

c0013368_1935317.jpg
活発というかやんちゃというか暴れん坊というか、とにかく人見知りという言葉は彼女の頭にはなく、目が合ったら3秒後には飛びついてきます。まるで犬です。そして人の言う事を聞くような耳は持っていません。常に自分の思うとおりに行動します。自我が強いのね。

c0013368_1938143.jpg
とにかく動きっぱなしなので、良い写真が撮れませんでした。少し疲れて休んでるな、と思ったとたんにまた走り出すから(苦笑)。すさまじい持久力ですよ、この子。

c0013368_1939358.jpg
お鼻が高くて格好良いですね~。

c0013368_1948425.jpg

(おまけ)うちの実家の鼻ぺちゃ猫。

c0013368_19492456.jpg
ノーマさんの不思議なのは、あごの下にひとつまみ、ヒゲみたいなのが伸びてること。束で抜けかけてるの?と思いきや、ライオンみたいに?あごひげが付いてるんですよね。面白いのー。
[PR]
by wasanegi | 2007-02-16 19:52 | 食道楽