ちんから峠

むいむい報告

◎蛾の母さんは行方不明。残されたエメラルド色の卵たちは推定50個。生ぬるく見守っていく方向で。
◎高田順次な蜘蛛の巣に、ふたまわりほど小さな蜘蛛が出現。この訪問者を勝手に♂と判断。ということは高田順次な蜘蛛は♀か。♂が巣の真ん中に侵入すると、順次♀はそそくさと巣の端に逃げていく。なんだか理不尽なものを感じた私は、♂の背中を車のキーでつっついた。するとまぁ大変。ふたりして巣をぶっこわす勢いで天井の方まで逃げていってしまったのですよ。
ここまでが昨日の話。さっき見たら順次♀しかいなかった。とりあえず「よぅ」と覗き込んだだけなのに、またすさまじい勢いで逃げていきました。わたし、かなり危険人物らしいです。

『蜘蛛は人の顔を認識できるのか?』とかいう研究してる人、いませんかね。
(本気じゃありません。冗談です)


むいむい―りえこさん虫日記
 西原 理恵子 / / 小学館
[PR]
by wasanegi | 2007-06-26 21:49
<< 何度目かの北陸便り モスラ出現 >>